MENU

木材コーディネーター

木材コーディネーターとは

 

木材コーディネーターは、森林から、製材乾燥加工を経て木造建築や木製品として暮らしに活かされるまでの、いわゆる「川上」「川中」「川下」を俯瞰し、木材利用と森づくりをつなぐことが使命です。木材を活かした豊かな暮らしを提案することで木材の価値を高め、森林所有者が次の森づくりに取り組む必要な収益を生み出し、持続可能な森づくりにつなげます。

森とまちをつなぐ新しい道

森を育てる木材流通を構築するために、木材コーディネーターは、暮らしに有益な木材活用の方法を生み出し、資源価値を高める木材の製造方法を関係事業者と共有し、森づくりに必要な収益を森林所有者に生み出します。

木材流通に新しい道を

人々に木のある暮らしを

育った年月が同じでもでも、一本一本性質が違うのが森の立木です。この特徴を理解し、「適材適所」の使い道を考案することで、森に育った立木の価値を最大化します。失われつつある先人たちの智恵と技術から学ぶことで、人々に豊かな暮らしを、そして森に元気をもたらします。

木材コーディネーターの仕事

森林資源の調査から効率的な原木調達、調達した原木を最大限に活用する利用提案、利用者に対する木材の特徴や価値を伝えることなど、その仕事は多岐にわたります。

木材コーディネーター紹介

 

pagetop