FOREST LOUNGEアーカイブ

【開催報告】セミナー「誰が日本の森を救うのか」満員御礼!

2011年6月22日
20110724 更新
多数のご参加ありがとうございました。満員のお客様で、熱気に包まれました。当日のリポートが以下にアップされています。

サウンドウッズブログ こちら→

morisukui.jpg

イベント紹介記事    こちら↓
------------------------------------------------------------

森林ジャーナリストと木材コーディネーターによる、
日本の林業の明日を考える講演会・座談会と
木材コーディネーター養成講座の説明会を実施します。

------------------------------------------------------------

「日本の森が荒れている」と叫ばれて以来、日本の森を救う為に、日本の木材を使う様々な取り組みが行われてきました。そして今日、木材は暮らしの様々な場面に活かされるようになり、木使い社会が当たり前の時代を迎えようとしています。

      しかし、あなたの身近な木材は、本当に日本の森を救っているのでしょうか?

戦後造林から半世紀を経て緑あふれる日本の森と、国産材自給率50%を唱え大規模集約化に向かう日本の林業は、今大きな転換点にあります。再生資源として注目される国産木材も、再生産を促す適切な資源調達や上手な木材利用と伴わなければ、次世代に豊かな森を残すことは出来ません。
講演・対談では、日本の森と木材の今を知り、森と街をつなぐ「木材コーディネーター」の仕事を通して、持続可能な森づくりと森を救う木材利用を考える機会を提供します。
また、サウンドウッズが取り組む人材育成事業「木材コーディネーター養成講座のご案内をいたします。


第一部
講演:田中淳夫 (森林ジャーナリスト)
          「森林異変 ~森と街の間に生じた大きな溝」

第二部
対談:田中淳夫(森林ジャーナリスト)vs能口秀一(木材コーディネーター)
          「森を救う処方箋」

第三部
講座説明会:NPO法人サウンドウッズ主催
             H23年度木材コーディネーター養成講座

開催日程 : 平成23年 7月 23日(土曜日
開催時刻 : 開場 13:30   開始14:00(終了予定 16:00)
                   大阪府大阪市北区小松原町2番4号
                   富国生命ビル4F 〒530-0018
                             ※ JRをご利用の場合 「大阪駅」南口より徒歩 約5分
                                 阪急電車をご利用の場合「梅田駅」2階中央改札口より徒歩 約5分
                                 阪神電車をご利用の場合 「梅田駅」東改札口より徒歩 約3分
                                 地下鉄をご利用の場合  御堂筋線「梅田駅」南改札口より徒歩 約3分
                                 谷町線「東梅田駅」北東改札口より徒歩 約1分

参加人数:   定員25名 (申込み先着順・要予約)
参加費:      無料  当日会場にて、東日本大震災復興支援の募金活動を実施します。
                   ご協力よろしくお願いいたします。
                   ※支援先 LIFE311 (事務局 一般社団法人 moreTrees )。
                    岩手県住田町は地場産木材による木造仮設住宅による
                    復興に取り組まれています。

主催:         NPO法人サウンドウッズ                  
後援:         一般社団法人木を活かす建築推進協議会

■チラシ ダウンロード (PDF 4.4M)こちら→
■予約お申込みは こちら→
(代表者お名前・連絡先メールアドレス・お電話番号・参加者すべての方のお名前をEメールでお送りください。)
omote20110622fin.jpg

ura20110623fin.jpg