FOREST LOUNGEアーカイブ

平成24年度の木材コーディネーター養成基礎講座 実習1・2

2012年10月30日
                                                                          他の講座内容を確認する

木材コーディネーター養成基礎講座の第3回目講座の模様をレポートいたします。

今回は、今年度初の丹波会場での実施です。
10月27・28日と土日の一泊二日の日程でした。
DSCN8200+.jpg

全体の概要はこちらの通り。
____________________________
【講義概要】

 日時:10月27日(土)10:00〜21:00
          10月28日(日)09:00〜16:00
講師   :山崎春人(野遊び研究家)
            能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、島崎(講師補助)、桜木(受付)
場所   :サウンドウッズ丹波事務所 
            丹波市立幸世交流施設
            サウンドウッズの森
            サウンドウッズ製材所
            キャンプリゾート森のひととき
内容   :マーケティング実習(10/27 10:00〜16:00)
            ワークショップ      (10/27 19:00〜21:00)
            演習講座1            (10/28 09:00〜12:30)
            演習講座 2            (10/28 13:30〜16:00)
____________________________

[1日目]
マーケティング実習
サウンドウッズ丹波事務所から車で約10分の森できのこ狩りをしました。
DSCN8181+.jpg


マーケティング実習とワークショップの講師は、遊び研究家である山崎春人先生です。
DSCN8160+.jpg


竜の卵と見紛うほどのきのこ、スッポンダケに遭遇するなど、多種多様なきのこを
発見しました。
DSCN8174+.jpg


お昼は、マイナスイオンたっぷりの森の中で山の幸がいっぱい詰まったきのこ汁と
お弁当をいただきました。
DSCN8206+.jpg

きのこを散策中
DSCN8177+.jpg


お昼以降も自由にきのこ狩りを楽しんだ後、サウンドウッズ丹波事務所へ戻り、
今度はティーブレイクです。
クロモジ茶や丹波黒の枝豆、ムカゴ、マテバシィ、カヤの実等丹波の森で採れた山の恵みを
味覚を通して学びました。
DSCN8224+.jpg

ムカゴ
DSCN8217+.jpg

山崎先生による採れたきのこの同定や解説もいただきました。
DSCN8231+.jpg


ワークショップ
会場を宿泊地であるキャンプリゾート森のひとときに移し、まずはお昼間のマーケティン
グ実習を踏まえ、「山と人の関わり」をテーマにした対談を木材コーディネーター能口秀
一と野遊び研究家の山崎春人先生のお二方で行いました。

木材コーディネーター能口秀一
DSCN8166+.jpg

「山が儲かっていた時代には、遊び場等の多様な山の使い方はされていなかったが、今だ
からこそ多様な山の使い方が見直されてきている。今回入った山は、民家のすぐ隣から入
ることができた。
今後はいかに地域住民に山へ入ってもらう機会を増やすかがポイントである」

「昔は山が荒れていることは山の所有者にとって恥ずかしいことであったが、今は皆が荒
れているため、恥という概念がない。
学校教育でも環境教育に力を入れているところには「木育」のプログラムを組んでいただ
く運動が必要である。
また、学校教育だけでなくても、木でものを作る楽しみを伝えることで森の価値を上げる
ことにつながるのではにだろうか」
DSCN8250+.jpg


その後、養成基礎講座の受講生を交えて質疑応答の時間。
「山」と「森」の違いや木材の評価指標は何であるのか。など、非常に熱い議論が繰り広
げられました。
DSCN8252+.jpg



========================================

[2日目]

演習講座1・2
2日目の講師は1日目と引き続き木材コーディネーター能口秀一
DSCN8349+.jpg

この日はあいにくの雨模様でしたが、カッパを着てサウンドウッズの森へ移動。
これまで座学1〜4で学んだことを実践すべく、立木の測定し、
そのデータを基に、今度はサウンドウッズの製材所にて原木の材積や製材品の歩留まり、
ヤング係数や含水率を測定しました。

森林調査
DSCN8281+.jpg

原木の材積測定
DSCN8315+.jpg

ヤング係数測定

DSCN8389.JPG
座学で一通りのことは習っていますが、現物を目の前にして実際に測定を行うことで、
それまでは見えなかった疑問が出てきたり、より具体性を持って知識の整理ができたりと
頭の中で様々な化学反応が起こったのではないかと思います。

一泊二日と長丁場ではありましたが、中身の濃い内容で終えることができました。

2日間にわたりサポートしていただいた島崎先生
DSCN8343+.jpg

次回は、再び会場を大阪に移して座学講義です。

____________________________
【次回の講義】
 
日時:11月10日(土)13:30〜16:30
講師   :能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、桜木(受付)
場所   :レンタルスペース「トーチカ」
内容   :座学5 木材の活用・カスケード利用 (13:30〜14:30)
            座学6 木材の価値と価格                (14:45〜15:45)
            考査3                                        (16:00〜16:30)
_______________________________


                                                                          他の講座内容を確認する





平成24年木材コーディネーター養成基礎講座・座学3・4

2012年10月16日
                                                                          他の講座内容を確認する

木材コーディネーター養成基礎講座の第2回講座が
レンタルスペース「トーチカ」で開催されました。
 
sDSCN7965+1.jpg
講師は、木材コーディネーター 能口秀一です。
 
sDSCN7950+1.jpg
こちらは、NPO法人サウンドウッズ代表理事で講座の司会進行を務める安田です。
sDSCN7928+1.jpg
 
____________________________
【講義概要】
 
日時:10月13日(土)13:30〜16:30
講師   :能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、桜木(受付)
場所   :レンタルスペース「トーチカ」
内容   :座学3森林の計量・木材の計量 (13:30〜14:30)
             座学4木材のグレーディング    (14:45〜15:45)
             考査2                                    (16:00〜16:30)
_______________________________
 
今回の講座は、次回丹波のスクーリングで実践する内容なため、
調査機材を持ち込んでの講義でした。
 
sDSCN7971+1.jpg
 
テキストはこちら。
sDSCN7931+1.jpg
 
講座の内容を少しだけお伝えします。
 
=====================================
座学3
森林から製材品までの各流通段階において、木材がどのような機材により
どのような方法で測定されているのかについて学びました。
 
「立木段階の価値があいまいなために、低質な木材のニーズがあれば高質なもの
であっても低質な木材として利用されるケースがある。
立木品質調査を行うことで、木材の高付加価値利用の可能性を広げることが
できる」
 
「全国で統一されたJAS規格がある一方で、モジュールには地域性があり、
また単位も現場では尺貫法が多く使われる等地域や流通の段階により標準化
されていないものがある」

sDSCN7954+1.jpg
 
座学4
木材の品質を測定する指標、品質表示、測定機材について学びました。
 
「原木の強度がたとえ高くても、製材等各流通段階での加工手法を誤れば
強度を落としてしまうことになる」
 
「現在、木材の品質を証明する制度には様々あり、なかでもJAS制度が基準と
なっているが、JASの認定工場の普及が進んでいないため、JAS規格には
則っているがJASの認定工場ではないという,
「JAS規格同等品」がある」
 
sDSCN7966+1.jpg
 
=====================================
今回の講座では、丸太の材積や木材の含水率等、日頃計算しなれていないと
難しい内容も含まれていたため、考査が終わった後も熱心に能口講師に質問
されている方が大勢いました。
sDSCN7961+1.jpg
 
次回は、講座1・2で学んだ知識を実践の場で活かす内容です。
____________________________
【次回の講義】
日時  :10月27日(土)10:00〜21:00
            10月28日(日)  9:00〜16:00
講師   :山崎春人(野遊び研究家)
             能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、桜木(受付)
場所   :兵庫県丹波市各地
内容   :マーケティング実習     :森の教室1、森の体験実習1
             ワークショップ           :森のサロン1
             技術習得のための実習 :演習1〜4
             演習レポート1・2
_______________________________

                                                                          他の講座内容を確認する