お知らせアーカイブ

平成24年度の木材コーディネーター養成基礎講座 実習1・2

2012年10月30日
                                                                          他の講座内容を確認する

木材コーディネーター養成基礎講座の第3回目講座の模様をレポートいたします。

今回は、今年度初の丹波会場での実施です。
10月27・28日と土日の一泊二日の日程でした。
DSCN8200+.jpg

全体の概要はこちらの通り。
____________________________
【講義概要】

 日時:10月27日(土)10:00〜21:00
          10月28日(日)09:00〜16:00
講師   :山崎春人(野遊び研究家)
            能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、島崎(講師補助)、桜木(受付)
場所   :サウンドウッズ丹波事務所 
            丹波市立幸世交流施設
            サウンドウッズの森
            サウンドウッズ製材所
            キャンプリゾート森のひととき
内容   :マーケティング実習(10/27 10:00〜16:00)
            ワークショップ      (10/27 19:00〜21:00)
            演習講座1            (10/28 09:00〜12:30)
            演習講座 2            (10/28 13:30〜16:00)
____________________________

[1日目]
マーケティング実習
サウンドウッズ丹波事務所から車で約10分の森できのこ狩りをしました。
DSCN8181+.jpg


マーケティング実習とワークショップの講師は、遊び研究家である山崎春人先生です。
DSCN8160+.jpg


竜の卵と見紛うほどのきのこ、スッポンダケに遭遇するなど、多種多様なきのこを
発見しました。
DSCN8174+.jpg


お昼は、マイナスイオンたっぷりの森の中で山の幸がいっぱい詰まったきのこ汁と
お弁当をいただきました。
DSCN8206+.jpg

きのこを散策中
DSCN8177+.jpg


お昼以降も自由にきのこ狩りを楽しんだ後、サウンドウッズ丹波事務所へ戻り、
今度はティーブレイクです。
クロモジ茶や丹波黒の枝豆、ムカゴ、マテバシィ、カヤの実等丹波の森で採れた山の恵みを
味覚を通して学びました。
DSCN8224+.jpg

ムカゴ
DSCN8217+.jpg

山崎先生による採れたきのこの同定や解説もいただきました。
DSCN8231+.jpg


ワークショップ
会場を宿泊地であるキャンプリゾート森のひとときに移し、まずはお昼間のマーケティン
グ実習を踏まえ、「山と人の関わり」をテーマにした対談を木材コーディネーター能口秀
一と野遊び研究家の山崎春人先生のお二方で行いました。

木材コーディネーター能口秀一
DSCN8166+.jpg

「山が儲かっていた時代には、遊び場等の多様な山の使い方はされていなかったが、今だ
からこそ多様な山の使い方が見直されてきている。今回入った山は、民家のすぐ隣から入
ることができた。
今後はいかに地域住民に山へ入ってもらう機会を増やすかがポイントである」

「昔は山が荒れていることは山の所有者にとって恥ずかしいことであったが、今は皆が荒
れているため、恥という概念がない。
学校教育でも環境教育に力を入れているところには「木育」のプログラムを組んでいただ
く運動が必要である。
また、学校教育だけでなくても、木でものを作る楽しみを伝えることで森の価値を上げる
ことにつながるのではにだろうか」
DSCN8250+.jpg


その後、養成基礎講座の受講生を交えて質疑応答の時間。
「山」と「森」の違いや木材の評価指標は何であるのか。など、非常に熱い議論が繰り広
げられました。
DSCN8252+.jpg



========================================

[2日目]

演習講座1・2
2日目の講師は1日目と引き続き木材コーディネーター能口秀一
DSCN8349+.jpg

この日はあいにくの雨模様でしたが、カッパを着てサウンドウッズの森へ移動。
これまで座学1〜4で学んだことを実践すべく、立木の測定し、
そのデータを基に、今度はサウンドウッズの製材所にて原木の材積や製材品の歩留まり、
ヤング係数や含水率を測定しました。

森林調査
DSCN8281+.jpg

原木の材積測定
DSCN8315+.jpg

ヤング係数測定

DSCN8389.JPG
座学で一通りのことは習っていますが、現物を目の前にして実際に測定を行うことで、
それまでは見えなかった疑問が出てきたり、より具体性を持って知識の整理ができたりと
頭の中で様々な化学反応が起こったのではないかと思います。

一泊二日と長丁場ではありましたが、中身の濃い内容で終えることができました。

2日間にわたりサポートしていただいた島崎先生
DSCN8343+.jpg

次回は、再び会場を大阪に移して座学講義です。

____________________________
【次回の講義】
 
日時:11月10日(土)13:30〜16:30
講師   :能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、桜木(受付)
場所   :レンタルスペース「トーチカ」
内容   :座学5 木材の活用・カスケード利用 (13:30〜14:30)
            座学6 木材の価値と価格                (14:45〜15:45)
            考査3                                        (16:00〜16:30)
_______________________________


                                                                          他の講座内容を確認する





森の達人03 宮川五十雄さん レポート公開!

2012年10月22日
第3回目の対談は、森の都研究所代表で、生物多様性かんさいの代表世話人も務める
宮川五十雄さんと木材コーディネーター能口秀一との対談です。
20101204チャレンジコース森を聴く 016_1+1.jpg

2010年12月4日に株式会社吉住工務店こだま館(丹波市)にて収録しました。
詳しくはこちら→

平成24年度木材コーディネーター養成基礎講座 座学3・4レポート公開!

2012年10月16日
sDSCN7971+1.jpgのサムネイル画像

第2回木材コーディネーター養成基礎講座のレポートが公開されました!
詳しくはこちら→

次回はこれまで習得した知識を活かして実践の場、丹波でのスクーリングです。

                                                                          他の講座内容を確認する

パネリストとして鈴木さんがシンポジウムに参加されます!

2012年10月16日
准木材コーディネーターであり、住工房なお株式会社代表取締役の鈴木直子さんが
パネリストとして大日本山林会130周年記念シンポジウムに参加されます。
日程お繰り合わせの上、ぜひご参加ください!

__________________________________
「林業の復権に向けて」-なでしこの人間力とデザイン力への大いなる期待-
日程:10月29日(月)
時間:12:00受付開始 13:00主催者挨拶
場所:三会堂ビル9階 石垣記念ホール
お申し込み方法:申込用紙に必要事項を明記の上、メールまたは
                          FAXにてお申し込み(定員になり次第締切)                        
                          詳しくは、こちらまで→
__________________________________
symposium(omote).jpg
ダウンロードはこちら→symposium(omote).pdf

symposium(ura).jpg
ダウンロードはこちら→symposium(ura).pdf

平成24年度木材コーディネーター養成基礎講座スタートしました!

2012年10月02日
平成24年度の木材コーディネーター養成基礎講座が始動しました!

講座の様子はレポートをご覧下さい。こちら


                                                                          他の講座内容を確認する