お知らせアーカイブ

平成24年度の木材コーディネーター養成基礎講座 座学5・6

2012年11月12日
                                                                          他の講座内容を確認する

前回の丹波スクーリングから2週間。
丹波から再び大阪へと場所を移して座学の講座です。
いよいよ木材コーディネートの核心部分に触れる課程でした。

2012-11-10 13.35.52.jpg
____________________________
【講義概要】
 
日時:11月10日(土)13:30〜16:30
講師   :能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、桜木(受付)
場所   :レンタルスペース「トーチカ」
内容   :座学5 木材の活用・カスケード利用 (13:30〜14:30)
            座学6 木材の価値と価格       (14:45〜15:45)
            考査3                                   (16:00〜16:30)
_____________________________

2012-11-10 13.35.08.jpg
講師は、木材コーディネーター能口秀一


テキストはこちら
2012-11-10 15.05.55.jpg

2012-11-10 15.28.33.jpg

===============================
座学5 木材の活用・カスケード利用

立木の価値を見極め、一本の木の価値を最大限に活かす木材利用
(カスケード利用)をすることについて学びました。

2012-11-10 14.55.18.jpg

「木材は求められる品質に適した製材技術が必要とされる。
文化財建築用材等高い品質が求められる際は、一本一本、木の特性を
見極めてその価値を最大化する製剤技術が求められる。
一方、コストやスピードを優先し、量を裁くことを念頭に置いた
設備を敷く製材所では、予めロス率を設定し、数多く製材した中で
ロスとなる木材を省いている」

===============================
座学6  木材の価値と価格 

各流通段階でかかるコストを木材価格試算表に基づき計算を
しました。

IMG_0165+.jpg

「JAS原木採寸が例えば16cmから18cmへと2cm変わると、材積が
変わるためその分販売額も増加するが、18cmの場合、主製品の
外側に副製品も取ることができれば、副製品をどのような製品に
するかによって立木1本の価格が変わる」

「積み上げ方式で計算された価格を市場の相場に合わせる際は、
木材価格試算表における各流通段階のコストを精読し、どこの
業者と組み、どの部分のコストを抑えるかということを吟味する
必要がある」

_____________________________

これまでの講座でも材積や含水率の計算を行ってきましたが、
今回は各流通段階のコスト計算と、難易度の高い講座内容でした。
受講生の皆さんは、電卓を叩きながら熱心に木材価格試算シートに
記入しておられました。
IMG_0164+.jpg

次回も座学講座です。
___________________________
【次回の講義】
 
日時:12月8日(土)13:30〜16:30
講師   :能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、桜木(受付)
場所   :レンタルスペース「トーチカ」
内容   :座学7 木どりと木材価値 (13:30〜14:30)
            座学8 木材の乾燥          (14:45〜15:45)
            考査4                          (16:00〜16:30)
_____________________________


                                                                           他の講座内容を確認する