座学7・8木材コーディネーター養成基礎講座(平成26年度)

2014年12月10日
                                                                          他の講座内容を確認する

第4回目となる木材コーディネーター養成基礎講座が12月6日に行われました。
その模様をレポートします。


DSCN8996+.jpg

___________________________
【講義概要】
 
日時   :12月06日(土)10:00〜16:00
講師   :能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田、桜木(司会進行・受付)
場所   :近畿中国森林管理局
内容   :メディア活用講座③ 写真活用講座2 (10:00~12:00)
           座学7 木どりと木材価値       (13:00〜14:00)
           座学8 木材の乾燥              (14:15〜15:15)
           考査4                              (15:30〜16:00)
_____________________________

メディア活用講座③ 写真活用講座講座2

10月の写真活用講座(前編)につづき、今回は後編の実施です。

講師はフォトグラファー能口秀一。
まずは、前回のおさらいをしました。
シャッターチャンスとは何か。
露出や絞りなど、撮影する際に気を付けるべき点を教わりました。

DSCN8990+.jpg


今回は実践がメインプログラムです。
講師から2つのお題が出され、そのお題に基づいて20分ほど会場の外を
飛出し、思い思いの写真をカメラに収めていただきます。

2つのお題とは、
・チラシ用の写真を撮ること(3行程度のコピーが入ることを意図して撮影すること)
・「WOOD」というテーマで撮影すること。
DSCN9005+.jpg

会場の外には川沿いに公園が敷設されているため、題材となるWOODは
たくさん存在します。
DSCN9009+.jpg

短い時間の中で何をどのように切り取るか。
これまでの知識が試される瞬間です。
DSCN9012+.jpg

撮影が終わると、講師から一人一人の作品について講評が
行われました。
DSCN9017+.jpg

「特に植物などの質感を表すには光が必要となる。
光を被写体に強く当てることによって、植物の質感が表現できる」

「カメラの調整により目で見た色や光とカメラ越しの色や光を
うまくコントロールすることができる」

難しいお題でしたが、参加者は撮影意図を十分に意識して取り組んで
おられました。


座学7:木取りと木材価値
製材段階で木材の価値を高めるための木取りについて学びました。

DSCN9044.JPG

標題の木取りと木材価値の関係性だけでなく、
木取りの技術・知識を木材コーディネーターが持つことにより、
森づくりにどのような貢献ができるのかについても教わりました。


座学8:木材の乾燥

木材の乾燥が必要な理由や乾燥方法の違い、乾燥において気を
つけるべきことについて学びました。
DSCN9030.JPG


乾燥によって木材は必ず収縮を起こすため、収縮尺を見越して製材を
することについて。乾燥工程のスケジュール管理について学びました。


次回は、図面からの木拾い・木取り・製材までの一連の流れを
丹波で実践します。


_______________________________
【次回の講義】
日 時:12月13日(土)10:00〜21:00
          12月14日(日) 9:00〜16:00
講 師:宮川五十雄(生物多様性かんさい代表世話人)
            能口秀一(木材コーディネーター)
事務局:安田(司会進行)、桜木、山内
場 所:兵庫県丹波市各地
内 容:マーケティング実習     :森の教室2・森の体験実習2
            ワークショップ
            技術習得のための実習 :演習5~8
            演習レポート3・4
_______________________________


                                                                          他の講座内容を確認する