11/05/2019

第4日木材コーディネート基礎講座(令和元年度)

降雨の影響で第3日と第4日のカリキュラムが入れ替えになり、

森林調査や立木伐採見学が原木調査の後に行われることになりました。

原木(丸太)の品質という結果を見てから、立木を見ると見方が変わります。

この貴重な体験について、引き続きインターン生が伊能、輪竹の順でレポートします。

 

 

【講座概要】

 

日時 :令和元年10月20日(日)9:00~16:00

講師 :井上淳治(准木材コーディネーター)

事務局:安田哲也

インターンシップ生:輪竹剛、伊能健悟

場所 :井上氏所有林、東吾野公民館

 

内容 : 演習A 森林調査・立木伐採見学 (9:00~12:00)
演習B 原木の品質 (13:00~15:00)
演習まとめ (15:00~16:00)

 

 

【講座内容】

 

 

<講座レポート1  作成者:伊能健悟>

 

 

午前は樹木の成長具合や製品として予想される品質について定性的に判断しましたが、午後は胸高直径や樹高を測定することで、立木・森林の定量的な評価を行なっていきました。

 

 

演習A 森林調査・立木伐採見学

 

この講座では、樹種の見分け方、実生苗と挿し木苗の違い、樹皮から見る個体の成長速度といった一本一本の立木に対する観察方法を学びました。

個人的に特に印象的だった内容は飯能で行われている「立て木」という山の仕立て方、そして立木の成長のバラつきです。

立て木というのは、大径木が高く売れていた時代の管理方法の一つで、ざっくりと言ってしまうと、成長の良い木・将来大きくなりそうな木を残して育てる方法です。

井上氏の山を歩いていると、立て木によって残された木が、まだ細い状態の木々の中から突然立ち現れてきます。

管理手法が樹木の見た目として表れるには何十年もの月日が必要になりますが、まさにその由来を感じる体験ができました。

立木の成長のバラツキは、少し専門的に言えば個体の形質の差のことになります。

井上氏の森林の中では、挿し木苗以外に実生苗によるものもあります。

いわゆる「クローン」ではない実生苗由来の個体に関しては、同じ樹齢・立っている位置も近い個体同士にも関わらず太さ・樹皮が大きく違うことが観察されました。

同じ樹木と言っても、人のように一つ一つの個体が大きく差があるのだということがわかりました。

 

 

立木の成長のバラツキは、少し専門的に言えば個体の形質の差のことになります。

井上氏の森林の中では、挿し木苗以外に実生苗によるものもあります。

いわゆる「クローン」ではない実生苗由来の個体に関しては、同じ樹齢・立っている位置も近い個体同士にも関わらず太さ・樹皮が大きく違うことが観察されました。

同じ樹木と言っても、人のように一つ一つの個体が大きく差があるのだということがわかりました。

 

 

立木伐採では、井上氏が準備してあったチルホールを利用した伐採を見学しました。

目の前で行われる伐採はとても迫力があり鳥肌が立ちました。

実際に木が倒れた時の音・衝撃から、普段感じることができない樹木の重さを知ることができました。

 

 

 

演習B 森林の測定

 

まずは立木の基本的な測定方法・計測機器の扱い方について説明があり、受講者ひとりひとりが実際に測定を行いました。

樹高の測定では測定者によってバラつきも大きく、正しく測定することの難しさを実感しました。

また、計測機器そのものも普段生活している中では目にしないもので、扱い方になれるのも少し時間を要しました。

 

 

立木の測定を終えたあとは、森林全体の定量的な推定をするためのプロット調査を行いました。

対象林地内に四つのプロットを設定し、各班が一つのプロットを担当して測定を行いました。

山の斜面の中で計測機器を持って測定することは簡単な作業ではありませんが、各班それぞれ班員同士で協力することで、スムーズに測量していました。

 

公民館に戻ったのちに、これらの測量結果から森林内に存在する樹木の本数・材積を推定し、さらにそこから対象林地より生み出すことのできる収入について計算を行いました。

簡単に言ってしまえば、山の価値を試算することは在庫管理に他ならないため、森林を利用する林業の経営において必須のスキル・作業を経験することができました。

 

 

 

<講座レポート2  作成者:輪竹剛>

 

 

演習A 森林調査・立木伐採見学

 

全員ヘルメットを着用し、井上氏が施業している林業の現場である山林へ入ります。

午前は山の植生と一本一本の立木を見ながら、適地適木の考え方や育っているそれぞれの立木が外見上どのような特徴を持っているかについて説明がありました。

 

森に入り、約150年前に植林された記録が残っていると井上氏から説明を受けました。

西川材の林業地域について前日の演習でも聞きましたが、先人たちがこの場所で苗を植えて育てていたこと、そしてその歴史の中で改善が積み重ねられて、現在のこの美林があるのだということを実感しました。

 

 

また、西川材林業地域の特徴として、「立て木」という習慣があるという説明がありました。

「立て木」とは、一本だけ生育の良い木を伐採せず更に生長させ、その林家で特別な支出が発生するときに伐採して換金することで、林家の家計を支える木として残される木なのです。

とはいえ、林業の施業体制の変化と木材の需要の変化という二つの大きな変化の中で、大径木となったこの立て木を活かすためには、木材コーディネーターは何ができるのかを考えさせられる場面でもありました。

 

枝打ちや間伐などの手入れがされていて、下層植生も多くあり、とても豊かな森林であると感じます。

下層植生の種類をみて、その土壌がスギに適しているのかヒノキに適しているのかという点についても説明がありました。

スギとヒノキ、それぞれの樹種に適している土壌に生える植物は地域によって違います。

森林に携わって仕事をするのであれば、まずはその施業する土地をよく知らなければなりません。

 

 

次に1本のスギを抽出し、その木の太さや高さからどれだけの木材が製品として切り出せそうか考え、そして実際に伐倒して確認します。

受講生全員、緊張感を持って伐倒の現場を見学しました。

立木の状態で予測できることと、伐ってみて初めて分かることの違いをその場で見て学べるのは、とても貴重な機会でした。

 

 

演習B 森林の測定

 

一緒に立木の高さや曲がり方、節や枝の様子などをチェックしました。

慣れない測高器を使ってみると、計測する人ごとに結果がバラバラになっていました。

 

 

釣り竿を用いて設定した100㎡の円の平面の中に、胸高直径と樹高がそれぞれどれくらいで、何本の木が育っているかを測り、森林資源量を測ります。

 

 

測った値をもとに1haあたりの材積が算出され、金額に換算するとかなりの金額となります。

 

しかし、伐採して搬出する費用や、前日に学んだ市場で売るための手数料などを木材の売却収入から差し引きしたときに、次の時代の為に植林をして、下刈り、間伐、枝打ちなどを行うまでの投資に回せるお金が残るのか、という課題が見えてきます。

現在の林業が抱えている問題を、具体的な事例で理解する実習となりました。