森とまち、木と人を
つなぐコーディネーター

森とまちのつながりが途切れ、循環が滞っていることにより日本の森林が苦しんでいます。特に身近な森林である人工林の再生には、林業の現場だけでなく、木材流通から木材利用までのシステムを見直す必要があります。木材コーディネーターは、森からまちまでの木材の流れを把握し、途切れてしまった森林所有者と消費者のつながり取り戻すことで、健全な森づくりを未来につなぐことを使命としています。

もっと詳しく

木材コーディネート
基礎講座のご案内

木材コーディネーターとして必要な知識と技術を身につけるための講座を開催しています。森林林業分野、木材製造流通分野、木材利用分野の実務者を講師に招き、森とまちをつなぐための横断的な知識とコミュニケーション技術を学びます。林業、製材加工業、建設業に関わる人はもちろん、木製品製造業や森林ボランティア、地方自治体、地域づくりコンサルタントなど幅広い業種の実務者が受講しています。